続きですが、取れないコゲでも、割り箸でついてみると、落ちるようにやわらかくなります。水ですすぎます。そうしたら、乾かして、五徳の大掃除は終了と言うことになります。(笑顔)それから次に、汚れがつきやすい場所があります。それは、コンロの受け皿になります。大掃除なら、ガス周り、特に受け皿なども、全てを綺麗にしたいですよね。ホーロー加工されている、受け皿がついたタイプの、ガスコンロを使っている人も多いと思います。毎日のお掃除がきちんと行き届いている家では、受け皿の汚れもたいしたことはないと思います。(笑顔)(汗)さて、受け皿のこびりついた汚れについてですが、コンロを料理などで使うと、受け皿も熱で熱くなっています。熱いうちに受け皿に、お湯を張ってください。そして、しばらくそのまま放置してみてください。軽い汚れだと、浮いてくるようになります。かなり頑固な厚いコゲなら、事前に割り箸などでコゲを薄くしておきます。このようにして、重曹の効果、熱が浸透するように処理しておきます。そして、しばらく置きます。更に、頑固なコゲ、汚れの場合、このままラップで湿布してください。この方法で汚れが緩みます。そして、後は水洗いしましょう。(笑顔)ガスコンロの大掃除については、汚れがたまるほど大変になります。ですから、日頃のお掃除が少しでも出来ていれば、その分は、大掃除が楽になります。